BLOGブログ

ALL

ARCHIVES

  • CATEGORY

  • ARCHIVES

  • ALL

何必館・京都現代美術館/交久瀬 常浩

2016.07.26 | BLOG:建築家エッセイ

京都祇園に「何必館」というギャラリーがある。
僕がそこに誘われるのは、極上の美術品に向かい合えることにほかならないの
だけれど、四条通の喧騒の中で静かに庭と対する場所があることがもう一つの
大きな理由である。

館長梶川芳友氏は画商にして画廊の当主であり、もともとは建築とは専門外で
ある方が長い時間をかけて想を練り、材料を探してようやく完成したものであ
る。

北大路魯山人、村上華岳、山口薫など近現代の作家を擁するギャラリーは選び
抜かれた素材を用いて丁寧につくられている。

それと知らずに初めて訪ねたとき、巨匠白井晟一の手によるギャラリーかと思
わせられたディテール、デザインも素晴らしいが最上階の目の染みる緑の光庭
には微かな風にも葉を揺るがせる一本の楓と美しく地を覆う苔と石、そしてそ
の手前前室には絶妙の配置でジオ・ポンティの名作椅子「スーパー・レジェー
ラが対で置かれている。

本当は誰にも教えたくないとっておきのスペースである。

建築家 交久瀬 常浩
*記念すべき第1回目の寄稿としてピックアップしました。
*文章中に登場した、巨匠白井晟一の書籍も、楽園蔵書にございますので、
是非ご一読ください。

外観0

庭0

展示0

資料請求・来店予約はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL. 072-845-0001

この記事をシェアする

ACCESS

株式会社 楽園不動産
〒573-0027 大阪府枚方市大垣内町1-1-10

OPEN / 10:00-19:00

TEL.072-845-0001

TEL.072-845-0001

Google Mapで見る