BLOGブログ

ALL

ARCHIVES

  • CATEGORY

  • ARCHIVES

  • ALL

手すりについて考える

2017.07.05 | BLOG:EVENT

手すり。手摺。Handrail。

改めて、手すりについて考えたことはありますか?
ご自分のお住まいの“手すり”がどんな素材で、どんな形か、すぐに思い出せますか?

手すり。階段の上り下りを支えたり、立ち上がる時に補助したりと、
日常風景にすっかり溶け込んでいるけれど、実は重要な役割を果たすパーツです。

そんなさりげない部分に渡り、きちんと考え、デザインし、
素材や仕上げなどを選び、職人が製作する。
そういう思い入れを詰め込んで、我々は家づくりを行っています。

なので、手すり一つとっても、建築家によって、
また使うご家族の特性によって、全く違うものとなるのです。

こちらは、安原三郎氏の設計。タモ材を用いた、安心感のある手すりです。

scan003

19

こちらは、作人が設計されたお住まい。
すっとシンプルな手すりが、空間をひきしめています。
sh09_21A0680

さて、今回、第8回ASJ建築家展において、
「建築家との家づくり」を“体感”いただくきっかけになればと、
参加いただく建築家の方々にオリジナルの手すりをデザインしていただきました。
製作は廿日市家具製作所。IFAのグループ会社です。

私紺谷が、先生方に依頼し、図面を頂戴したりと準備してきたのですが、
「手すり」と一言でも、本当にそれぞれの考えがあって、
こんなに違うものになるんだなーと感心しました。

是非、皆様に会場で実際にそれぞれの手すりをご覧いただき、
実際に触ってみて、その違いを実感していただければと思います。

家は買うものではなくて、つくるもの。
「建築家と家づくりする」という選択肢を知っていただき、
思い入れのこもった、自分らしい住まいづくりを、お届けしていきたいと思っています。

ASJ建築家展は7日より枚方市市民会館大ホールロビーにて。
会場にてお待ちしております。(紺谷)

zyousitunakinoie

 

資料請求・来店予約はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL. 072-845-0001

この記事をシェアする

ACCESS

株式会社 楽園不動産
〒573-0027 大阪府枚方市大垣内町1-1-10

OPEN / 10:00-19:00

TEL.072-845-0001

TEL.072-845-0001

Google Mapで見る